北新地でキャバクラのボーイと話して快楽を味わおう

cabaretclub

夜の癒し

綺麗な女性

仕事を終えて家にそのまま帰るのも悲しいなあと考えているとキャバクラでも行こうと思ってしまうことがあるまたはやっとのことで終えた残業の後さあ帰ろうかという時に一緒にいた上司に誘われて渋々行くことになるかもしれないしかし所詮は華のあるドレスに身を包んだ女性たちに囲まれて高級な酒を飲みながら自分の身の回りの世間話だとか女性たちを口説いてみたりぎりぎりいかがわしい遊びを行ってみたりと何だか逆に疲れてくるような事ばかりであるそこでセクキャバである普通のキャバクラはそれは一般男性の癒しのために存在するのだがあの高級感の中ではなにか心の底から癒しが楽しめないというのも頷けるしかしセクキャバでは癒しがあると思う色気を超えたドレスお触りもあり且つ普通のキャバクラに比べて善良な値段は僕たちに心からの癒しを与えてくれるはずだと思う何せ度を越えたエロスは僕らに癒しを超えてもはやドラック的な何かを与えてくれる様にも思える是非とも逆に上司を誘って行きたいと思うそういう所であるしかしホストはどうなのだろうかイメージとしては金持ちのおばあさんが銀座あたりで若い男を連れて囲まれてるという考えが自分にはあるなんか女のがセクハラできるようにも思えるがだからと言って女になりたいとは思わんが

TOP